スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪口のススメ

嫌なヤツは嫌でいい。

理由なんていらない。

言いたいだけ 言えばいい。


でも 

聞こえる人には聞こえるし

見えてしまう。


嫌い! 

間違っている!

主張する以前の本質。

「頭の中に 

 それだけ大きな影響を与えるほど

 存在しているんだよ」

っていうこと。


いやはや、頭隠して尻丸出し。


もっと言え言え!
スポンサーサイト

選択

久しぶりにログインしようと思ったら
パスワードを忘れてしまって
入れなくなってしまった。

・・・記憶って 

かなり いいかげん。





意識していると

目の前で起こるモノゴトに対して

選択する事ができる。


起きる・起きない 

顔を洗う・洗わない 

靴を履く・はかない 

仕事をする・しない 

ゴハンを作る・作らない・作ってもらう 

毒づく・づかない 

拒否する・受け入れる・考えちゃう

口を出す・ただ見てる・見ないフリをする




これらを

選択してるって

気づかないその時

無意識に

過去の選択を繰り返す。



そうすると 

過去の選択と

同じ結果が起こる。

「ほらね、やっぱりそうだった」

輪の中をクルクル回る。



「違う選択」をしたいなら

それに ただ 気づけばいい。

そこから自分自身が 

深くなっていく。



私は今日、

ログインする選択をした。






ない が ある

五円玉には 穴がある。

穴は 【ない】 のに 【ある】 のだ。

五円玉には【ない】が【ある】。

そして【ある】けど やっぱり【ない】のだ。


------------------------


「ない」って言う人は
 
【ない】 が 【ある】  と 言っている。

【ない】 と 主張する。

と同時に 【ある】 を表現している。


【ある】 のを 受け入れないから ぐるぢぃ・・・

【ある】 を 受け入れられないのは

それに直面した時に 

苦しみ 悲しみ 痛み など 

受け入れたくない感情が絡みついているからだ。


------------------------


【ある】 を 受け入れると 


あ る が ま ま になる。





人気ブログランキングへ

くどい一族

母の嫌なところ・・・


モーレツに 「くどい」 ところ。


電話をかけろ と 4回言う。

旅行に行こう と 5回言う。

あんたが企画してくれ と 3回言う。

その理由を くどくど くどくど 3回言う。

また連絡をくれ と 3回言う。

以上の同じ会話を 2回する。


「母がくどい・・・」 

母と電話をしながら 

母と共に暮らしている姉に 私はメールする。

「毎日だよ」「くどいのも 慣れれば平気」 

返信がくる。


その後 姉から電話がかかってくる。

少し話しをして 電話を切る。



また電話が かかってくる。

「くどくてごめん、またかけちゃった」

・・・くどい。


そんなくどい有り様を

数えてまで書いている私。


でもね 自分では

「私だけは くどくない」 と思っていたのよ、

書き終わる 今この瞬間まで。


なんて恐ろしい! 

ぁぁ、認めたくない。


人気ブログランキングへ

ネガティブ・シンキング

書店の一角をはじめとし
会社の研修でも 日常の会話の中でも
「ポジティブシンキングしようぜ」って
ポジティブは溢れかえり
私に圧力をかけてくる。

押し付けられ感が強くなるほど
それができない自分に対し
劣等感がつきまとう。

「ポジティブに考えようよ」
ポジティブシンキングの押し付けは
恐ろしい拷問だ。


私は「ネガティブ」でありながら
ネガティブをよろしくないものとして
ポジティブというものに過剰反応する。

でも
人の話は聞かないし
鼻水垂らして泣きながら叫んで訴えるし
ネチネチと嫌味をいうし
もったいぶるし
天邪鬼だし
上から目線だし
重箱の隅を穴が空くほどつつくし
何年経っても昨日の事のように
しつこく くどく 未練がましく記憶を掘り返し 
恨み続ける。

うむ。これが私だ。


----------------------------------------------------

2009年6月27日 土曜日 品川シーサイド


「ネガティブを題材にする」

主催の企画を知らされた時、
コーフンして心臓がバクバクした。

世で蔑まされている「ネガティブ」を題材にし
ネガティブをとことん探究する・・・
世にも不思議で斬新なワークショップである。

講師は一石を投じるが 
参加者にアドバイス等「教える」という事をしないし
否定や拒絶もしない。

---------------------------

セクションを終えた私の心には
否定して押し隠されていたネガティブが
満ちて溢れてきた。

---構わない。
  私は死ぬまでネガティブでいいや。


捉われているものを手放した私。
このセクションで得たものは 
これから先の人生に
大きな成果をもたらすだろう。

人気ブログランキングへ
リンク
プロフィール

ぺー

Author:ぺー
探究してます。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。